So-net無料ブログ作成

職場での旧姓使用は可か否か ~東京地裁判決から考える [要チェック]

いつもご訪問ありがとうございます。

朝から強い風が吹いています。今日は電車に乗って顧問先に行くのですが、電車が止まらないか心配です。先週の土曜日インフルエンザ予防接種を受けてきました。既にインフルエンザで学級閉鎖が出ています。皆様も気をつけてください。今日も一日頑張りましょう。社会保険労務士の町田です。




さて、私立中学・高校の30代の女性教諭が、結婚後に職場で旧姓使用が認められず人格権を侵害されたとして、学校側に旧姓の使用と約120万円の損害賠償を求めた裁判の判決が10月11日に東京地裁であり、「職場で戸籍上の氏名の使用を求めることには合理性、必要性がある」として、教諭の請求を棄却しました。




女性教諭は2003年から同校に勤務し、2013年7月に結婚、改姓。学校側には旧姓の使用を認めるよう申し出ましたが、学校側は旧姓の使用を認めませんでした。

この女性教諭は、現在はやむなく時間割表や保護者への通知などには戸籍名を使用しているそうですが、教室内では旧姓を名乗り、生徒の多くからも旧姓で呼ばれているとのことです。




判決では、旧姓について「結婚前に築いた信用や評価の基礎となる」と述べ、その使用は法律上保護されると位置付けています。

一方で戸籍名については、「戸籍制度に支えられたもので、個人を識別するうえでは旧姓よりも高い機能がある」とし、今回のように、職場の中で職員を特定するために戸籍名の使用を求めることには合理性があると結論付けました。




原告側弁護士は「現代の社会の実情が見えていない判決だ」と批判し、控訴する意向です。

今回の判決は、男性裁判官3人が判断したもので、旧姓を使える範囲が社会で広がる傾向にあることは認めつつも、「既婚女性の7割以上が戸籍名を使っている」とする新聞社のアンケート結果や、旧姓使用が認められていない国家資格が「相当数」あることを理由として、「旧姓を戸籍名と同様に使うことが社会で根付いているとは認められない」と結論付けました。




旧姓使用をめぐっては、昨年12月の最高裁大法廷判決が夫婦同姓を「合憲」と判断しています。

一方、結婚後の姓の問題については「国会で論じ、判断するものだ」ともしましたが、国会での議論はその後進んでいません。

個人を識別するうえで、旧姓より戸籍上の姓のほうが、本当に合理性があるのか、行政では住民票の写しやマイナンバーカードへの旧姓併記も検討され、「女性活躍」が唱えられる中で時代に逆行するのではないか、判決を受けて再び議論が高まりそうです。




最後までお読みいただきましてありがとうございました。

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 2

いっぷく

興味深い判決ですね。
私は妻の姓を名乗りたいと思っているのですが
簡単に変えられないので戸籍はそのまま通称で名乗れないかと
思っているのですが、なかなかむずかしそうですね
by いっぷく (2016-11-10 02:04) 

まっちゃん

いっぷく様、コメントありがとうございます。
今の社会ではなかなか難しいところはありますね。
ただ、いっぷく様のように望んでい方々がいますので、この裁判は注目ですね。
by まっちゃん (2016-11-11 06:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。